おまとめローン 審査

おまとめローンの意味

おまとめローンというのは、複数の借入先の借金を一つにまとめる事…といわれています。つまり、あちらこちらで借りているお金を、一つの金融機関から借りて完済。一つの金融機関に返済していくということ。借入先を変えるということなのです。借金がなくなるわけではありません。

 

例えば、ある人がA社から30万、B社から50万、C社から20万を借りていたとします。それぞれにおいて返済日と返済金額、そして金利がかかっているわけです。借入先はバラバラですが、借りている額としては100万円です。この100万円分をD社から借りて、A社・B社・C社の借り入れを完済させるのです。その後は、D社だけに返済していくこととなります。

 

ちなみに、D社から借りるお金は、残っている元金分だけでなく、それぞれにかかる必要な利息分もプラスして借りることとなります。つまり、「元金+金利分」です。

 

ここで勘違いしてはいけないのが、おまとめローンは借金を減らすのではなく一カ所に移すもの…だということ。ですから、もちろん借金が減ることはありません。ただ、借金はそのままでも、金利が低い金融会社を選ぶことでトータル的な最終支払総額は減らすことができるかもしれません。とはいえ、油断して毎月の支払額を低く設定してしまうと、数社間で借り入れして頃よりも高額での支払額になることもあるのです。

 

基本的にお金を借りる際にかかってくる金利は、元金が少ないほど利率が高く、たくさんのお金を借りるほど少ない利率になります。少ない額を多くの金融機関から借りてしまう状態よりも、大きな金額で一つの金融会社から借りている方が金利は少なくてすむのです。


おまとめローンに向いている人、向いていない人

複数の借入先を一つにまとめる、おまとめローン。いくつもの金融機関に返済していく手間や金利の事を考えると、一つにまとめたほうがはるかに楽になります。

 

…と、大変に便利なローン商品のように思えますが、このおまとめローンを利用するのに向いている人もいれば、逆に向いていない人もいるのです。それはどういうことかというと、おまとめローンは借金そのものを減らすものではないので、一本化した際の金利が安くなければあまり意味がないのです。

 

例えば、A社・B社・C社の3社からお金を借りていて、それぞれの金利が17%・15%.・18%だったとします。一本化した際の金利が12%であれば、このおまとめにおいて有利になるといえます。ですが、これが20%だった場合…あまり一本化した意味はないといえるでしょう。全てにおいて金利が上がってしまうので、返済する額もぐんとアップしたといえます。わざわざ返済額を上げる必要はないのです。ここは、金利がこれまでよりも低い、もしくはこれまで借りた中で一番低いところと同じ金融会社で借りるべきなのです。

 

おまとめローンは、確かに管理面では確実に楽になります。ですが、支払総額ではどうなのかというと、これは金利によって左右される事となるのです。