おまとめローン 審査

おまとめローンのメリット

おまとめローンを左右する金利。金利の良しあしで、良かったのか悪かったのかが決まります。一番に良いおまとめローンとなるのが、金利が安いところで一本化できた場合。金利が低くなることで総支払額がグンと減りますので、返済していく方としても楽になります。

 

ちなみに、なぜおまとめローンで金利を安くすることができるのか…それは、逆比例型金利に関係しています。逆比例型金利とは、各種金融機関が設定しているもので、借入額が増えれば増えるだけ金利が低くなる事をいいます。借りた金額によってどのような差があるのか…例えば下記のように設定している金融会社もあります。

 

・100万円までの借入…18%の金利
・101万から200万…15%
・201〜300万円…12%
・301〜400万円…9%
・401〜500万円…6%

 

全ての金融機関に上記のような金額と金利が設定されているとはいいませんが、ほとんどが借入総額に応じて金利が下がるように設定されています。とはいえ、金融会社によっては固定金利制を採用しているところもあるので、そうなるとまたちょっと違ったものとなります。

 

また、金利面だけでなく管理面においてもかなり楽になります。借入先が複数もあると、返済日や返済金額の管理がとても面倒です。これが一つになることで管理もしやすくなるのは明白。バラバラだった返済日が一つに、返済金額も一つだけになるのですから、ついうっかり入金するのを忘れてしまった…なんてこともありません。それ以外にも、それまで複数にかかっていた手数料が一つになるといったことも挙げられます。


おまとめローンのデメリット

おまとめローンは、上にあげたように金利に注意して借り換え先を探せば、損をすることはあまりありません。ですが、なかにはそれがうまくできていない人も…そうなると、おまとめローンが逆に苦になることもあるのです。

 

特に一番にダメなのが、高い金利のところに借り換えてしまった場合です。一本化してまとめたとしても、金利が高いので最終的な支払合計金額が高くなってしまいます。これではあまり意味がありません。また、金融機関によっては金利だけでなく他の手数料が無駄にかかってしまう事もあります。繰越返済手数料や口座開設金など…借り換えする為には必要となる経費もあり、それが高く設定されているところを選んでしまうと、支払いを苦しいものにしてしまうだけとなってしまうのです。

 

おまとめローンは借金自体を減らすものではありません。あくまでも減らせるのは金利だけです。ですから、一本化したのに金利が増えているのでは、おまとめローンをやる意味がないというもの。その点は注意するようにしましょう。

 

ちなみに、おまとめローンとした商品ではなく、普通のカードローンで一本化する場合。融資したお金の使用使途は問われない商品だとすると、それがために財布のひもが緩んでしまう事も…。まずは返済に力を注がないといけないのに、追加で借りてしまう事でさらに返済日を伸ばしてしまう…なんて事になりかねません。これは気持ちの問題でもあるので、借りられないように気持ちを強く持つ必要があるといえます。