おまとめローン 審査

おまとめローンの申し込み方法

おまとめローンとは、借り換えの事。お金を借りることには変わりありませんので、名前は違えどもカードローンやキャッシングなどとあまり大きな差はないのです。ですから、その申し込み方法も他とあまり変わりません。借り換えをお願いしたい金融機関に申し込み用紙を提出し、それに基づいた審査がおこなわれ、審査を通ることができたのであれば融資を受けることができるのです。

 

この申し込み方法については、今では各種さまざまな方法が用意されています。金融機関の窓口に直接訪問、電話で口頭での申し込み、申込用紙を郵送する、パソコンを使って申し込む…といった方法があります。なかでも人気なのがパソコンによるインターネットからの申し込みです。わざわざ訪問する必要もなく、24時間365日申し込み可能。まさに光の速さで到達するのですから、審査結果も早く出ることとなります。しかも、パソコンで申し込む方が有利になることもあるのです。

 

なぜパソコンでの申し込みが有利になるのかというと、電話や窓口での申し込みでは、少なからずも受け付けの人と話をすることになります。この時に話し方や態度で、審査が不利になることもあるのです。良い印象をもたれればいいのですが、悪い印象をもたれてしまっては審査に大きく響くこととなるでしょう。見た目や態度、話し方に自信がある…つまりは、社交的な人であれば窓口での申し込みが審査結果を良いものにするかもしれません。

 

とはいえ、電話や窓口からの申し込みにはメリットもあります。パソコンではなかなか伝えられない相談事をすることで、金利が例外的に安くなることも稀にありますし、完済までの流れを詳しくわかりやすく説明してもらう事もできます。自分の状況によって、申込手段を決めるといいでしょう。


審査は2段階でおこなわれる

申し込みしたら、いよいよ審査です。この審査では、仮審査と本審査と2段階で融資の有無を決めるものとなります。内容的にも問題がなく良質な顧客と判断されると、たったの30分といった短い時間で終了することもあります。

 

仮審査では何をするのかというと、申込内容に沿ってコンピューターにより数値化していきます。これをスコアリングといい、その点数は各種金融機関が独自にその基準を決めているものとなっています。スコアリングにかかる時間はあっという間で、出た数値でほぼ審査結果が決まるといわれているほど重要なもの。ここでの点数化は、各種金融機関にある借入診断とほぼ同じ内容であるようですから、シュミレーターで良い結果がでればまず安心ともいえます。

 

次におこなう本審査では、提出された個人情報に間違いはないか、虚偽の申告をしていないかどうかを確認します。在籍確認や在宅確認、信用機関情報に照らし合わせもします。仮審査で良い点数、本審査で情報にウソがないか確認が取れると、審査に通過するものとなります。あとは、金融機関にお金が振り込まれるのを待つだけ。そして、ひたすら借りたお金を返済し、完済を目指すだけです。