おまとめローン 審査

審査を通りやすくする収入・信用・資産

おまとめローンの審査基準では、コンピューターによるスコアリングが大きく影響するものとなっています。ですから、審査に通りやすいくするにはここでの点数を上げることが大事。点数を上げるためにも、ステータスを上げるように努力する必要があります。具体的にどういったところを強化していけばいいのかというと、収入・信用・資産の3つです。

 

まず収入ですが、これは毎月の給料のことだけをいっているわけではなく、ボーナスなどを含んだ年収や勤続年数、雇用形態や借入総額など…収入に関係するさまざまな事柄を含めたものとなります。これは当然といえば当然のことで、お金を返してくれそうもない人、収入がない人にお金を貸す事はしません。金融会社としても、貸したお金をしっかりと返済してくれる人にしか貸したくないのです。収入に関係する情報から、どの程度の金額と期間で返済できるのかを推し量るのですが、やはり給料の金額が高ければ高いほど有利となります。

 

ここで注意しないといけないのが、勤続年数と年収…どちらが重要視されるのかというと前者の勤続年数であるということ。年収が上るから…といって転職し、それからおまとめローンを申し込んでもダメなのです。勤続年数が短いとして審査を落とされてしまいます。

 

次に信用は、細かい情報から判断されるものとなります。携帯電話よりも固定電話のほうがいい、賃貸よりかは持ち家の方がいい、未婚よりも既婚の方がいい…など、こうしたことから判断されていくのです。ようは、フットワークが軽く夜逃げしにくい…そういった人が信用も高くなるのです。

 

そして資産ですが、これはその言葉の通りです。いざというときにお金に換えられる資産があるとなると、審査においては有利となります。


すぐに取り組めるポイント

審査基準をみてみると、いますぐ改善できそうなものもあれば、どうしても時間がかかってしまうものもあります。例えば勤続年数については、地道にコツコツ日数を稼いでいくしかありません。逆に、「信用」に関してはすぐにでも改善できるものがありますので、こちらのほうから手を付けていった方が得策といえます。例えば、固定電話を設置するのも一つの点数アップになります。

 

金利が安い設定されているところほど、審査基準がきびしくなる傾向にあります。どうしても金利が安いところでは借りられなかった…なんて場合は、とりあえず審査に通るところで借り換えをおこない、その後に条件の良いところにまた借り換えるといった方法もあります。この場合、あまり短い期間内でおこなうと不利になりますので、そこら辺を気を付けつつ、繰り越し手数料などにも留意して進めていきましょう。

 

ちなみに、印象を良くするためにも必要書類はあらかじめ用意しておき、要求されたら迅速にだすようにする事。申込書に必要事項を記入する際には、正確なのはもちろんですが、詳細に書くようにする。窓口での申し込みでは、身支度を整ええてはきはきとした話し方で対応する…なんてことが言われています。どこまで審査に影響を及ぼすかはわかりませんが、きちんとした誠意ある態度はマイナスにはならないはずです。