おまとめローン 審査

総量規制とは?

消費者金融系のローンなどでは、貸金業法によって法的な縛りを受けています。法律によって守られているからこそ、近年のお金の貸し借りは安全に行われているとも言えます。総量規制はこの貸金業法の中の一つであり、年収の3分の1以上は借りられない…といった制限のことをいいます。

 

例えば、申込者の年収が300万円だったとしたら、金融会社から借りられるお金は100万円までとなります。この3分の1というのは、1社から借りた合計金額ではなく、複数から借りていた場合はその合計金額となります。ですから、他の金融会社から借りようとしても借りることができません。

 

とはいえ、総量規制の対象となるのは、消費者金融もしくは信販会社による利用目的が自由な融資に限られます。同じ金融機関とはいえ、銀行は対象外となるのです。ちなみに銀行は、銀行法といった法律の元、運営されています。また、住宅ローンや奨学金といった、なんらかの目的の為にお金を借りるローンについても、総量規制の対象外となります。

 

なぜなら、これらにはお金を借りる理由や目的があるからです。家を購入するのに、年収の3分の1以内の金額では到底無理です。奨学金に関しても、まだ働けない学生については年収3分の1なんてほとんどないでしょう。これらに総量規制は意味がない…ということで、対象外となっているのです。


総量規制を回避する方法

総量規制がおまとめローンにおいてはしばしば足かせになってしまう事があるのは、こうした制限があるからです。例えば、複数社から合計100万の借入をしていた場合、それを一本化するとなると借り換え先から100万円を借りなければいけなくなります。となると、一時的に合計200万円の借入となってしまいます。これは、年収が600万円ないと無理な数字です。もとより、こんな総量規制の事を考えて借りている人なんて、ほとんどいないはずです。

 

この問題を回避する為には、総量規制の対象外となっている金融機関で借りなくてはいけません。それが銀行です。もしくは、今ある借金の一部を銀行で借り換える事で、総量規制に回避する…といった方法もあります。また、消費者金融や信販会社でも、おまとめローンに特化した商品や借り換えの為の専用商品であれば、総量規制を受けずに借りる事ができます。なぜなら、これらは「借り換え」といったしっかりとした目的があるからです。

 

こうしてみると、総量規制なんて作る意味があったのか…と思われる人もいるかもしれませんが、もともと総量規制が出来た理由は、借りすぎてしまう事で返済することができなくなり、破産してしまう人が多くいたからです。これは社会問題として一時、大きく注目されていました。そうした多額のお金を借りすぎないようにするためにも総量規制が設定されたのですが、借金の一本化を考えている人からしてみれば、まったくの裏目になってしまったのです。何事にもメリット・デメリットはつきものですが、総量規制についてもこうしたメリット・デメリットが言えるということなのです。